試験概要

ACCELは、オープンソースのクラウド基盤である「CloudStack」に関する技術力と知識を、公平かつ厳正に中立的な立場で認定する、クラウド技術の促進とクラウド技術者の育成を目的とした認定資格です。
ACCELの認定者は、CloudStackを使用したクラウドシステムの構築・運用管理に必要な技術力を持つプロフェッショナルであることを証明できます。
また企業においても『技術力を担保する客観的基準』として活用できます。

outline_logo 試験名 和名:Apache CloudStack技術者認定試験 by LPI-JAPAN
英名:Apache CloudStack Certification Exam by LPI-JAPAN
省略形:ACCEL(アクセル)
認定名 和名:Apache CloudStack技術者認定資格 by LPI-JAPAN
英名:Apache CloudStack Certification by LPI-JAPAN
認定者名 和名:ACCEL認定プロフェッショナル
英名:ACCEL Certified Professional
outline_catalog ACCEL
試験概要
パンフレット
PDFデータ:ダウンロード(4.5MB)
outline_logo
試験名 和名:Apache CloudStack技術者認定試験 by LPI-JAPAN
英名:Apache CloudStack Certification Exam by LPI-JAPAN
省略形:ACCEL(アクセル)
認定名 和名:Apache CloudStack技術者認定資格 by LPI-JAPAN
英名:Apache CloudStack Certification by LPI-JAPAN
認定者名 和名:ACCEL認定プロフェッショナル
英名:ACCEL Certified Professional
outline_catalog
カタログ PDFデータ:ダウンロード(4.5MB)
受験料 15,000円(税別)
対象
  • クラウドサービスを展開する事業者、またはプライベートクラウドの構築・運用を行うSI事業者。
  • 自社サービスのインフラの開発・運用担当者、社内SEの育成。
  • 社内IT基盤のクラウドへの移行を検討しているエンジニア。
  • クラウドインフラエンジニアとして、1歩進んだキャリアを目指す方。
受験の前提条件 受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、LPICレベル1と同等のスキルを持っていることをお勧めします。
試験問題数 60問
試験時間 90分(試験実施時間は80分、10分は試験説明・同意書サイン)
対応CloudStack
バージョン
4.4
合格基準(点数) 合格するためには、およそ6割程度の正答率が必要です。
試験実施方式 試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。
マウスによる選択方式です。択一問題と複数選択問題があります。
CBTの詳細は、試験配信会社(テストセンター)「ピアソンVUE」までお問い合わせください。実技や面接はありません。
また、「受験のお申込み」もご確認ください。
※ 団体受験用にペーパーテスト(PBT)も実施します。(20試験以上)
ペーパーテストに関する詳細は、LPI-Japan事務局(03-3568-4482 または info@lpi.or.jp)までお問い合わせください。
日時・会場 日時・会場を全国各地から自由に選択して受験できます。
合否結果 合否結果は試験終了と同時に判ります。
※ ペーパーテスト(PBT)の場合には、数週間後に郵送などの方法で結果をお知らせします。
認定条件 ACCEL(Apache CloudStack 技術者認定試験 by LPI-JAPAN)に合格すること。
認定の有意性の期限 3年間
※「有意性の期限」についてはこちらをご確認ください。
平均学習時間 一般的な学習期間の目安としては、1~3か月程度です。
例題 「例題」についてはこちらをご確認ください。

受験における事前の確認事項

秘密保持契約

受験予約時には、機密保持契約に同意していただく必要がございます。
機密保持契約に同意できない方は受験ができませんので、ご注意ください。

有意性の期限(再認定ポリシー)

有効期限はありませんが、「有意性の期限(再認定ポリシー)」があります。
有意性を維持するためには「認定日から3年以内」にACCELの再受験と再合格が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。

認定を取得したら

「ACCEL」に合格すると「ACCEL認定プロフェッショナル」に認定されます。

認定証/認定カード

認定証 認定カード
outline_certification outline_card